旅マニア トイトイの旅行とマイル

海外旅行・国内旅行・マイル・JGC・SFCなどなどについて綴っています

レシポ案件 バランスアップ ブランのちから 旧パッケージ購入で挑戦してみた。

(本案件は終了しています。)
現在レシポにバランスアップブランのちから購入で200ポイントもらえる案件が出ています。1箱350円~400円程度で売っていますので、還元率は少なくとも50%程度にはなり、まあまあおいしい案件だと思います。1人10箱までポイントが付与されます。私も参加してみましたので、レポートします。


まずは、この案件について簡単に説明しておきます。
対象商品はアサヒ バランスアップ ブランのちから いちじくと繊維 または アーモンドと繊維です。

レシート期間 4/1~4/27
必要購入数 1
応募上限 一人10回まで
先着数 10000
購入価格 350~400円程度

※購入価格は私が確認した限りなので、もっと安いまたは高いお店もあると思います。

こんな案件なので、野菜生活のように一瞬でなくなるということはないのですが、毎日数百ずつじわりじわりと残りが減っている状況です。
還元率は高くありませんが、もらえるポイントが200ポイントとなかなか大きいので、とりあえず1個買ってチャレンジしてみようかなという気になりました。

で、さっそく何件かお店を回ったのですが、私の家の周りのスーパーでは売っていませんでした。スーパーに売っていなかったので、ドラッグストアに行くと…売っていました。が、パッケージがレシポに載っているものと違います。
こんなパッケージです。
f:id:tabimania:20170412210912p:plain
メーカー、商品名ともに同じなので、おそらく旧パッケージかなと思いましたが、確証が持てなかったので、このお店では買うのをやめました。買って承認されなかったらショックですからね。別のドラッグストアにさがしに行くことにしました。しかし、何件かドラッグストアを回っても売っているのはすべて違うパッケージのものでした。迷ったんですが、悩んでいてもわからないものはわからないので、ポイント承認されなくても仕方がないという気持ちで、1箱買ってみることにしました。

家に帰ってさっそくレシートを投稿し、承認されるかどうか不安な数時間を過ごしました。すると2時間後くらいでしょうか、めでたく承認されました!

と、いうわけで今回の案件では旧パッケージでも承認されることが確認されました。私は、アーモンドと繊維を買いましたが、会社で食べるおやつにはちょうどいいかなという感じなので、もう何箱か買ってもいいかなと思っているところです。レシポに掲載のパッケージが見つからなくて困っていた人も、旧パッケージで参加してみてはいかがでしょうか?


よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

マイレージランキング


関連記事
還元率が高い案件は一瞬で終了します。
tabimania.hatenablog.jp
tabimania.hatenablog.jp

ANAカードのiD専用カードはコレクターズアイテムとしてもGood!入手方法を解説します。

(最終更新:2018/3/10)
ANAカードに付随するiD専用カードを手に入れました。飛行機がデザインされているので、iDを使わない人でも手に入れる価値があるんじゃないかと思い、紹介します。

目次

カードデザイン

デザインはズバリこんな感じです。2019年就航予定のA380ホノルル路線をイメージしていると思われるカードです。
f:id:tabimania:20180310160510p:plain

以前は、ボーイング747-400のコックピットから外を見た写真でした。
f:id:tabimania:20170410233909p:plain

こんなにいいものが届くとは思っていなかったので、送られてきたときはびっくりしました。
これなら、iDを使わない人でもコレクターズアイテムとして持っておくのもありかと思います。

iDとは

iDについて簡単に説明を書いておきます。iDはポストペイ式の電子マネーです。クレジットカードに付帯しているため、プリペイド式とは違い事前入金が必要ないことが利点です。使った分は、クレジットカードの引き落としと同時に引き落とされます。もちろん、クレジットカードのポイントも通常通りたまります。
使用した感想としては、ほかの電子マネーと比較して、決済が早い!一瞬で決済されます。読み取り機にタッチした瞬間に決済音がなるイメージです。大概の電子マネーは一呼吸、間がありますよね。コンビニなどで使うのに非常に便利なので、気に入っています。

入手方法

ANAカードを申し込む際に、iDを一緒に申し込むことができます。ただし、カードの種類によってクレジットカードとiDが一体になっているもの(クレジットカード自体にiDの機能が組み込まれているもの)と、クレジットカードとiDが2枚のカードに分かれているものがあります。一体型の場合はiDを申し込んでも、A380ホノルル路線デザインのiD専用カードは手に入りませんのでご注意ください。
A380ホノルル路線デザインのiD専用カードを手に入れるためには、ANAカードのうち、ANA VISA SuicaカードかANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードかANA VISA nimocaカードを申し込む必要があります。これらを申し込むときにiD専用カードを希望すれば、クレジットカードとは別にiD専用カードが送られてきます。また、A380ホノルル路線デザインはANAカードに付帯のiD専用のデザインですので、ANAカード以外のクレジットカードに付帯するiD専用カードを申し込んでも、手に入れることはできません。お間違いなきよう。

まとめ

A380ホノルル路線デザインのiD専用カードを手に入れたい方はANA VISA SuicaカードかANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードかANA VISA nimocaカードを申し込み、申込時にiDも希望すればOKです。
コレクターズアイテムとして保管すもよし、街で使うもよし、一枚いかがでしょうか?

関連記事

ANAカードが大型入会キャンペーンをやっています。
tabimania.hatenablog.jp

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

シカゴオヘア空港のヒルトンで神対応に救われた話

以前記事にした通り、以前シカゴオヘア空港で乗り継ぎしようとして乗り遅れたことがあります。今回は乗り遅れが確定した後の話を書きたいと思います。空港の隣のヒルトンに泊まったのですが、ここで現地の人に救われました。飛行機に乗り遅れて傷心だったこともあり、感激したので、その話を記事にしてみました。

乗り遅れるまでの記事はこちら。
tabimania.hatenablog.jp


目次

便の振替手続き

飛行機に乗り遅れたことが確定した後、まずは航空会社のカウンターに向かいました。チケットの振り替えをするためです。当日の便はもうありませんでしたので、翌日の便を予約しました。ここで、ちょっと気になることがありました。自分が預けたスーツケースはどうなったかということです。荷物はフライトの2時間くらい前には預けたので、最悪の場合、荷物だけ目的地に向かっている可能性があるなと思っていました。カウンターのスタッフに確認すると、「問題ない。載ってないから。」との回答で一安心。そのまま一晩荷物を預けることになりました。この様子だと、人だけ行って、荷物は届かないパターンも大いにあり得そうだと思ったのでした。
(荷物だけ行くことは保安上無いようですね。テロ対策ですね。)

それはそうと、このカウンターでは乗り遅れた人用にホテルの案内とアメニティーをもらいました。ホテルの案内は、空港の外にヒルトンがあるから泊まりたかったら泊まってねというものでした。赤い紙に案内が書かれていました。アメニティーはシャンプー、リンス、ボディーソープ、洗濯用の洗剤、くし等が入っていました。乗り遅れた人もとりあえずこれで一安心というわけです。
f:id:tabimania:20170410225034j:plain

ホテルのフロントにて

空港の隣にある、ヒルトンに向かいます。隣といっても、大きな空港ですので、便の振り替えをしたカウンターから30分くらいは歩いたと思います。フロントに行って、予約をしていないけど泊まりたいと言うと、飛行機に乗り遅れたのかを確認されました。乗り遅れた旨を告げると、航空会社のカウンターで紙をもらわなかったかを確認されました。その紙に載っている電話番号にかけるか、URLからサイトに行ってホテルを予約すると、提携割引料金で泊まることができるとの説明がありました。カウンターでもらった赤い紙のことです。紙に書かれた内容を読んでみると、確かにそんな感じのことが書かれているみたいです。英語で電話をかけるのはハードルが高すぎるので、ネットでの予約を試みます。フロントの脇のほうでネット予約を始めましたが、なかなか思うようにページが切り替わらず先に進みません。どこかがエラーになっていると思うのですが、英語のサイトなので内容がいまいち理解できないんですよね。
そんな感じで、時間を費やしている私を見かねたのか、フロントスタッフの神対応が始まりました。「ほんとはダメなんだけど、私が代わりに電話するわ」と言うのです。電話した彼女は、「英語がうまくない人が予約で困っているから私が電話しました」みたいなことを電話口のオペレーターに伝えて、私の代わりに予約を取ってくれました。そして、「予約が取れたわよ!」と微笑みかけてきました。このときの彼女は女神のようでした!こんな神対応に救われて、なんとか本日の宿を確保することができました。今思い出しても、彼女の神対応には感謝してもしきれません。彼女の対応がなかったら、路頭に迷って空港に寝ることになっていたかもしれません。ほんとに感謝です。

ホテルの感想と景色

ホテルの感想はというと、ヒルトンだけあって広くてきれいでした。朝、窓から外を見ると空港とモノレールがよく見えました。夜は景色どころではありませんでしたから笑
f:id:tabimania:20170410225107j:plain

まとめ

海外でトラブルに見舞われると焦りますが、飛び立ってしまった飛行機は戻ってこないので、冷静になって今できることは何かを考えるようにしましょう。安全第一です。大概のことはなんとかなります。私は、トラブルも楽しむくらいの気持ちで旅を楽しんでいます。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

関連記事
tabimania.hatenablog.jp

シカゴオヘア空港で飛行機に乗り遅れた話 原因と対策を考える

あれは2016年の出来事でした。場所はアメリカのシカゴオヘア空港。巨大な空港です。その日、私は成田からシカゴに渡り、そこで乗り継ぐ予定でした。トランジットには3時間ありました。でも、不思議なことに乗り遅れてしまったんですよ。と言うわけで、今回はそのときの状況を心情を交えて赤裸々に綴りたいと思います笑

目次

到着からイミグレ通過まで

まず、成田からの飛行機は定刻で到着しました。トランジットに失敗する原因の1つに、飛行機の到着遅れがあると思いますが、この日は定刻でした。到着段階では順調順調と思っていました。
飛行機を降りて入国審査に向かいます。すると、入国審査が劇混み!イミグレ前の行列用のスペース(つづら折りになって並ぶところ)のかなり手前まで行列が延びていて、イミグレが見えない位置から並び始める状態になっていました。でもまあ海外のイミグレは混んでるのが普通ですから、仕方ないなと思い、並ぼうとしました。しかし、列が二列あるんですよ。しかも、よくあるアメリカ人とそれ以外に別れるという訳では無さそうです。
さてどうしたものかと思い、列の最後尾にいたスタッフに聞いてみます。パスポートを見せながら「どっちに並べばいいですか?」と。すると、やる気無さそうなスタッフに、こっちの列だ!と指示されたのでそちらに並びました。自分が並んだ列の方が進みが断然速いなぁ、なんの違いがあるんだろうと思いながら並んでいました。列は順調に進み、20分ほどで、そろそろ自分の順番というところまできました。ここで、この列の先頭はなんか機械があるところに行ってるぞと気づいてしまったのです。

まあ簡単にいうとですね、並ぶ列が違っていたんですね。二つの列の違いはというと、片方がESTA(アメリカの電子ビザ)を初めて使う人の列(有人のイミグレ)で、もう片方が同じESTAを使うのが2回目以降の人の列(入国審査マシーン)でした。私はESTAを使うのは初めてだったので通常の有人イミグレに並ぶ必要がありました。
時間をロスしたなと思いながら、正しい列に並び直します。列の最後尾に戻ってみると、先程よりもかなり延びている様子。先ほど私に間違った列を教えたスタッフに、あなた何のためにそこに立ってるの?と内心毒づきつつ、行列に並びました。さてさてこの列がものすごく進みが遅いんですよ。時間はどんどん過ぎていくし、ちょっと焦り始めました。
1時間後、やっとイミグレを通過。指紋採られたりしましたがけっこうすぐに終わりました。

荷物の引き取りから再度荷物預けまで

次は荷物の引き取りです。アメリカの空港では国際線到着時には、乗り継ぎの場合でも荷物を一度引き取る必要があります。荷物引き取りのターンテーブルのところに行くと、自分が乗ってきたフライトの番号はすでに電光掲示板には表示されていませんでした。到着から1時間半たっているので当たり前かもしれません。自分の荷物を大慌てで探しました。何機もあるターンテーブルの隅っこの方にポツンと残されたスーツケースをやっとのことで見つけて、税関へ。ドーベルマンがいましたが何事もなく通過。航空会社のカウンターを横目にやっとのことで制限エリア外にでることができました。

f:id:tabimania:20170409223616j:plain
すぐにモノレール乗り場を探します。シカゴオヘア空港は国際線の到着はすべてターミナル5ですが、国内線は色々なターミナルから出発します。そして、ターミナル5は他のターミナルからかなり離れた位置にあります。この間を無料のモノレールで移動するわけです。モノレールはけっこうすぐにきて、私は乗り継ぎ便の出発ターミナルであるターミナル2に移動しました。国内線に乗るためにセキュリティチェックを受ける必要がありますが、また混んでるんだろうなぁと思いながら、ターミナルに降り立ちました。

すると、あら不思議!なんか閑散としています。ガランとしていて航空会社のカウンターも開いていない様子。さてどうしたものか、と思い近くにいたおじさんスタッフに聞いてみます。どこから中に入れますか?と聞くと、ここからは入れるぞ!と言われ、すぐとなりのほとんど人が並んでいないセキュリティチェックレーンを教えられました。マジ!ラッキー!すごい空いてるじゃんと思い歩き出した瞬間、おじさんスタッフから声をかけられました。ごめんごめん、でかいスーツケースがあるからここからは入れないや。隣の建物で荷物を預けてくれ!と。おお!そうなのかと思い、隣の建物へ。すると…激混み!!隣の建物が閑散としていたのがうそのように混んでいます。でも、荷物を預けるカウンターはそこまで混んではいない様子。チェックインカウンターに行き、荷物を預けます。ここは結構すんなり通過し、セキュリティーチェックに向かいます。

セキュリティーチェック

さてさてここからが、問題でした。今までに見たことがない大行列に並ばなくてはなりません。念のため、並ぶ行列があっているかを、チケット見せながら、スタッフに確認すると、あっているとのこと。仕方がないので意を決して並びます。しかし、この列が全く進まないんですよ。10分待っても1メートルとかそんな感じです。このままだと飛行機に乗り遅れてしまいます。こんな時日本であれば、出発が迫っているお客さんを優先して通してくれたりしますが、アメリカではそんなことはありません。あれは日本だけのサービス?です。海外では自己責任なわけです。全く進まない列にヤキモキしていると、隣のレーンに並んでいる人達をどんどん抜かして前に進んでいく人がいます。よく見てみると、その人も飛行機の時間がギリギリで乗り遅れそうとのことで、列のみんなに「飛行機に遅れそうなんだ。先に行かせてくれないか?」と問いかけ、順番を抜かさせてもらっていました。これがアメリカのやり方か!と感心しつつ、自分もこの方法を試してみることに。チケットを見せながら、「時間がない。先にいってもいいですか?」と前の人に言ってみると、快くOK!。これを繰り返して、どんどん前に進んでいきます。中には、「Good Luck!」とか言ってくれる人もいました。この方法で、何十人か抜かしましたが、前のほうにいる人はみなさん乗り遅れそうな人だったので、それ以上は前には行けませんでした。「時間がない。先に行かせてもらえないか?」と言うと、「僕も同じなんだ。」という具合です。
ここでも1時間以上の時間をくい、飛行機の出発まであと10分となってしまいました。このタイミングでやっとセキュリティーチェックの順番が回ってきました。靴と上着を脱ぎ、ポケットの中身も全部出します。金属以外のもの(例えばハンカチとか)でも、ポケットに入っているだけでやり直しになるので注意が必要です。セキュリティーチェック自体は問題なかったので、10分ほどで終わったでしょうか。

搭乗口まで

セキュリティチェックを抜けた時点で出発時間になっていましたが、あきらめずに搭乗ゲートまで行ってみます。しかし、搭乗ゲートは隣のターミナルでしかもサテライトの先端という最低な条件でした。

f:id:tabimania:20170409223704j:plainターミナルビルをダッシュで駆け抜けます。距離にして1.5kmくらいあったんじゃないかと思います。10分では着かなかったですからね。久しぶりにこんなに長い距離ダッシュしました。
ゲートに着くと、案の定飛行機はおらず、乗り遅れが確定しました。ゲートのスタッフが「今出たところだよ!」といっていましたが、慰めにもなりません。セキュリティーチェックの時点で、ダメかもとは思っていましたが、実際に乗れなかったという現実を目の当たりにして、ショックを隠しくれません。飛行機に乗り遅れたのは初めてでしたし、ましてやここは異国の地。この後自分はどうなってしまうのかと思うと不安が抑えられませんでした。とはいうものの、このままここにいても仕方がないので、ゲートのスタッフにカスタマーカウンターの場所を教えてもらい、精神的ショックを引きずりながら、今後の対応について話に行きました。

その後どうしたかはこちらの記事に書いてあります。
tabimania.hatenablog.jp

飛行機に乗り遅れた原因と対策

私の話を教訓として、乗り遅れないようにするために何をすべきかを考えてみました。海外で飛行機に乗り遅れると、精神的ショックと時間的なロスがはかり知れませんので、この話を教訓としていただければ幸いです。

1.乗り継ぎ時間に余裕を持つ

空港ごとに最低の乗り継ぎ時間が決まっています。が、この時間を確保していても確実に乗り継げる保証はありません。トラブルがあると間に合わない可能性があるということを肝に銘じておくべきです。特に始めての空港の場合は勝手がわからないので通常以上に時間がかかることもあると思っておいたほうがよいと思います。

2.下調べを念入りに

特に始めて行く空港の場合は空港内のレイアウトを頭に入れておくべきだと思います。実は今回もある程度は調べていったのですが、後で調べてみると、荷物引取りの直後に再び荷物を預けるカウンターがあったらしいということがわかりました。よく調べると時間が短縮できる方法があるものです。

3.セキュリティーチェックは一発合格できる準備を

アメリカの場合、ハンカチがポケットに入っているだけでも止められます。ここで怪しいやつと思われると、無駄に時間がかかりますので、ポケットの中身をすべて出し、上着をすべて脱ぎ、カバンの中から液体をすべて出すという基本的なことを怠らないことが重要です。基本が一番大事です笑


というわけで、飛行機に乗り遅れると精神的ダメージがひどいです。こうならないために、私の過ちを公開しましたので、教訓としていただければありがたいです。楽しい旅行のために気を抜かずに行動しましょう!


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

マイレージランキング

関連記事
続きの話はこちらの記事に書いてあります。
tabimania.hatenablog.jp

2018年版 ANAカードの入会キャンペーンに参加して大量マイルを稼ごう!

(最終更新:2018/3/10)
f:id:tabimania:20170409010447j:plain
クレジットカードの入会キャンペーンは貴重なマイル獲得源です。特にANAカードの入会キャンペーンはマイルを貯めている方にとっては、逃すことのできないキャンペーンだと思います。

今回はANA VISAカードで頻繁に行われている入会キャンペーンについて、私が参加した時のことを振り返りながらどうすれば効率よくクリアできるかを考察したいと思います。

目次

2018年3月4日現在行われているキャンペーン

下記公式サイトを参照ください。
最大47500マイル相当がもらえる!!ANAカードご入会キャンペーン|クレジットカードの三井住友VISAカード
ANA VISA nimocaカード誕生記念キャンペーン|クレジットカードの三井住友VISAカード

各種VISA/Masterカードと新カードANA VISAnimocaがそれぞれキャンペーンをやっています。
違う券種であれば同時期のキャンペーンに重複して参加することも可能です。
実際に私は、2017年の同時期にやっていた同様のキャンペーンでANAワイドゴールドカードとANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを作り、それぞれキャンペーンに参加し、大量マイルを獲得しました。

なお、クレジットカードを作るときは公式サイトから直接申し込むと損です。ポイントサイト経由で申し込みをすることで、キャンペーンでもらえるマイルとは別に、マイルに交換可能なポイントをもらうことができます。ポイントサイトについては下記の記事を参照してください。(時期によっては、お目当てのクレジットカードがポイントサイトにない場合もあります。)
tabimania.hatenablog.jp

キャンペーンの概要

ANAカードのキャンペーンでは、複数のクリア条件が概ね以下通り設定されます。リボ払い登録、iDの利用、家族カードの利用、ANA銀聯カードの利用、ANAカードマイルプラス店舗の利用などです。(iDの利用に関しては2018年のキャンペーンでは設定されていないようです)。これらの条件をクリアすると、それぞれマイルがもらえるほか、入会するだけでもらえるマイルや飛行機に搭乗するとマイルがもらえるなど、ANAから直接マイルがもらえるキャンペーンも同時に行われている場合が多いです。2018年のキャンペーンでは最大47500マイルがもらえるとなっています。最大47500マイルがもらえるとうたわれていますが、これはプラチナカードを作った場合(通常の入会ボーナスマイルも含めたマイル)ですので、ゴールドカードや一般カードではもう少し少なくなります。
いろいろなキャンペーンが複合しており、結構複雑ですので、どのような考え方で条件をクリアすべきかを解説していきます。

注意!本キャンペーンはほとんどが登録制のキャンペーンです。そのため、登録をせずに、条件をクリアしてもマイル(ワールドポイント)は付与されません。カードがお手元に届いたら、まずはキャンペーンへの参加登録をしましょう!

2018年のキャンペーンは4月30日までに入会しその後6か月以内にキャンペーン参加登録と条件クリアをするとマイルがもらえます。
新規でカードを申し込んだ方が対象となります。ANA VISA/Masterは何種類かカードを作ることをできますので、すでにカードをお持ちの方でも、違う種類のカードを発行すればキャンペーンに参加することが可能です。(例:元々ANA VISAの一般カードを所有している人が、新規でANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを作った場合など)

入会ボーナスについてはもれなくもらえるので解説は省きます。また、搭乗ボーナスについては飛行機に乗る予定がない人はわざわざ乗ってまで獲得するほどでもないので、こちらも説明を省きます。クレジットカードの決済に関連するキャンペーンのみ説明しますのであしからず。また、プラチナカードについても、年会費が高額でポイント目当てで入会するにはハードルが高いので割愛します。

それぞれのキャンペーンの攻略方法

マイペイすリボ登録・利用キャンペーン

まずは、キャンペーンサイトよりポイント獲得条件を引用します。

特典
ご利用金額合計10万円(含む消費税等)以上:ワールドプレゼント500ポイント※1(最大7500マイル相当※2)
ご利用金額合計50万円(含む消費税等)以上:ワールドプレゼント1000ポイント※1(最大15000マイル相当※2)
ご利用金額合計100万円(含む消費税等)以上:ワールドプレゼント1500ポイント※1(最大22500マイル相当※2)
1ANAマイレージへ移行可能
2「15マイルコース」にて移行した場合

期間中にANAカードへ新規入会および「マイ・ペイすリボ」にご登録のうえ、エントリーいただき、利用期間内にリボ払いにて合計10万円(含む消費税等)以上利用いただいた本会員

2017年はMAX50万円を6か月で使用すればよかったのですが、2018年はレベルアップしてしまいました。1000万円を6か月で使用する必要があります。そうすることで、1500ポイント獲得できます。

1500ポイント獲得のためには、マイペイすリボに登録して、1か月あたり16.7万円ほど使用する必要があります。大きな買い物がないと結構厳しいですね。できるだけ、公共料金などの固定費や食費などをクレジットカード払いにして、クリアを目指しましょう。厳しい方は50万円で1000ポイントを目指しましょう。こちらは、月8.3万円ほどですので、達成可能だと思います。
私が参加した時には、スマホの購入とか旅行とかあったので3か月くらいで50万円を達成できました。この条件達成に関しては、日々の暮らしで、できる限りクレジットカードを使うことで達成に近づけると思います。
それでも、50万円の利用なんて無理!という方は、6か月で10万円使いましょう。10万円の利用でも500ポイント(ゴールドカードで5000マイル、一般カードで2500マイル)獲得できます。
上記の利用金額には、家族カードの利用金額やANAカードマイルプラス店舗の利用金額が含まれますので、複合技でなるべく効率良くポイントを獲得するのが望ましいです。何も考えずにカードを利用してしまうとキャンペーンの枠を超えてカードを使うことになるので、ちょっと工夫してなるべく効率よくポイントを稼ぎましょう!

注意!マイペイすリボはリボ払いなので、そのまま放置するとリボ払い手数料がかかります。リボ払い手数料は高額なので、必ず繰り上げ返済しましょう。毎月の利用分を全額繰り上げ返済すればリボ払い手数料はかかりません。手数料を払わずに、キャンペーンのポイントだけをゲットするのが正しい選択です。

家族カード利用キャンペーン

ワールドプレゼント400ポイント※1(最大6000マイル相当※2)
1ANAマイレージへ移行可能
2「15マイルコース」にて移行した場合
対象
期間中にANA家族カードへ新規入会のうえ、エントリーいただき、利用期間内に対象のANA家族カードを合計3万円(含む消費税等)以上利用いただいた本会員

こちらは家族カードを作ってそのカードを3万円利用すれば400ポイント(ゴールドカードで4000マイル、一般カードで2000マイル)獲得できるというものです。家族カードで利用した金額は前述のマイペイすリボ登録キャンペーンの利用金額にも含まれます。50万円のうち少なくとも3万円は家族カードで決済しましょうということです。これだけで、400ポイントもらえるので、非常においしいです。独身で一人暮らしの方は家族カードの発行はできませんが、配偶者がいる方は家族カードは必ず申し込んで、キャンペーンに参加するようにしましょう。
ただし、ANA VISA Suicaカードには家族カードはありませんので、家族カードを作って、ポイントをもらうことはできません。
こちらのキャンペーンも4月末までにキャンペーン登録し、入会後6か月間の間に条件をクリアすればよいので、クリアはたやすいかと。

iD利用キャンペーンは2018年は行われていないようです。
** iD利用キャンペーン

特典
ワールドプレゼント500ポイント※1(最大7500マイル相当※2)
対象
期間中にANAカードと「三井住友カード iD」へ新規入会のうえ、エントリーいただき、利用期間内に「iD」を合計3万円(含む消費税等)以上ご利用いただいた本会員

ANAカード(VISA、Master)を作るとカードに電子マネーiDの機能が内蔵されています。ただし、ANA VISA Suicaカード、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは除く。入会時に申し込みをすると、別途iD専用のカードが送られてきます。)
これら、クレジットカードに内蔵のiDや別途カードのiDを3万円利用すると500ポイント(ゴールドカードで5000マイル、一般カードで2500マイル)獲得できるというものです。iDを利用した、利用金額は前述のマイペイすリボ登録キャンペーンの利用金額に含まれます。また、家族カードのiDを利用した場合は、家族カードの利用金額にも含まれます。
つまり、家族のiDを3万円利用するとiD利用のクリア条件だけでなく、家族カード利用のクリア条件も満たすことができるうえ、さらにマイペイすリボの利用金額も3万円カウントされることになります。
こちらのキャンペーンも4月末までにキャンペーン登録し、入会後6か月間の間に条件をクリアすればよいので、クリアはたやすいかと。最近iDはスーパーなんかでも使えるところが増えていますしね。

ANAカードマイルプラス店舗の利用キャンペーン

こちらのキャンペーンですが、2018年はANA VISAnimoca限定のキャンペーンとなっております。注意してください。

特典
(1)500マイル
(2)3000マイル
対象
(1)期間中にANAカードへ新規入会のうえ、ANAカードマイルプラス加盟店でANAカードを合計10,000円(含む消費税等)以上~50,000円(含む消費税等)未満ご利用いただいた本会員
(2)期間中にANAカードへ新規入会のうえ、ANAカードマイルプラス加盟店でANAカードを合計50,000円(含む消費税等)以上ご利用いただいた本会員
対象店舗
セブンイレブン、マツモトキヨシ、ENEOS、イトーヨーカドー、ANA機内販売、西鉄ホテルズ、京急EXイン、三井ガーデン・モントレー、ニッポンレンタカー、ヤマダ電機LABI、紳士服のコナカ、紳士服のフクダ、はるやま、大丸・松坂屋、阪急百貨店、阪急メンズ、阪神百貨店、髙島屋、ダイソン

次にこちらのキャンペーンですが、上記の対象店舗で10000円または50000円利用すると、500マイルまたは3000マイルもらえるというキャンペーンです。このキャンペーンは、前述のキャンペーン達と複合が可能です。よって、ANAカードマイルプラスの対象店舗で家族カードを利用するのが、上述のすべてのキャンペーンを同時に満たすための方法というわけです。

注意点!このキャンペーンは4月末までに登録し、5月末までに条件をクリアする必要があります。ほかのキャンペーンより期間が短いので、注意してください。

ANA銀聯カード利用キャンペーン

ワールドプレゼント600ポイント※1(最大9000マイル相当※2)
1ANAマイレージへ移行可能
2「15マイルコース」にて移行した場合
対象
期間中「ANA銀聯カード」へ新規入会のうえ、エントリーいただき、利用期間内に「ANA銀聯カード」を合計5万円(含む消費税等)以上利用いただいた本会員
ANA銀聯カードは、ANA VISAカード/マスターカード、ANA VISA Suicaカード、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード会員の方、ANA VISA nimocaカード会員の方、もしくは、新規にお申し込みの方がご入会いただけます。

キャンペーン開始当初はクリアは楽勝と思われていましたが、意外と苦戦している方が多そうなのが、ANA銀聯カードのキャンペーンです。私も結構苦戦しました。苦戦の模様と解決策はこちらの記事を参照ください。年々、銀聯に対応する店舗が増えていますので、だんだんクリアしやすくなってきています。
tabimania.hatenablog.jp

ANA銀聯カードのキャンペーンですが、ANAカード(VISA、Master)を作るときに、同時に申し込むことができます。ANA銀聯カードのキャンペーンに参加するためには、ANA銀聯カードも発行する必要がありますので、発行しましょう。
ほかのキャンペーンとは違い、クレジットカードが独立しているので、他のキャンペーンとの複合はなく、ANA銀聯カード単独で5万円利用する必要があります。
最近、銀聯のマークがあるお店ってかなり増えましたよね。なので、どこかで利用すれば簡単に5万円なんてクリアできるだろうとみんな考えていたと思います。私も、まあ行けるだろうと考えていました。しかし、マークがあっても使えない店舗が多いこと多いこと。結構骨が折れました。詳しくは、上記の記事にまとめてあるので、どうぞ。

まとめ

以上をまとめるとこんな感じでしょうか。

1.カードが届いたら各キャンペーンに登録する。
2.月々の固定費の支払いをANAカードからの引き落としにする。電気、ガス、電話など。
3.ANAカードマイルプラスの加盟店を探して利用する。2018/5/31まで。
4.利用する店の対応システムによって、ANA銀聯カード、家族のカードの順に利用できるものを利用する。入会後6か月間。

大量のマイルを獲得可能なキャンペーンですので、まだ発行していない種類のANAカードがあるという方は、この機会にぜひ発行してみてください。私は、nimocaで参加中です。

もっと簡単にマイルを貯める方法はこちら。
tabimania.hatenablog.jp

よろしければ、クリックお願いします。

にほんブログ村

マイレージランキング

【即日終了】レシポ、野菜生活案件再び!4/7~

(本案件は終了しています。)
予告がなかったので1日以上継続しましたが、それでも早期終了してしまいました。

3月末から4月初めまでレシポ案件で挙がっていて大好評のうちに終了した、野菜生活Peel &Herb ライムミントミックスが4/7から再びレシポに載っています。
獲得ポイントは100ポイントで、1人4本までです!限定17500本なので、急ぎましょう!

条件は以前の案件と同様で、東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪のローソン、ファミリーマート限定です。

前回は第1弾から3弾に別れていて、2弾、3弾は夜中開始にも関わらず、朝には終了していた人気案件です!

一本110円で100ポイントもらえるお得案件ですので、お見逃しなく!
ちなみに、レシポのポイントはマイルに変えることも可能ですのでマイラーの方にもオススメです。

レシポ案件 野菜生活購入で大量ポイントゲットのチャンス!

(本案件は終了しています。)
f:id:tabimania:20170330233657j:plain
現在レシポで、野菜生活Peel & Herbライムミントミックスの購入キャンペーンをやっています。もらえるポイントは1本100ポイントです。第1弾から第3弾の3回に別れていてそれぞれ期間が決まっています。
第1弾は3/28に開始し、3日間の予定でしたが、1日立たずに限定数に達し、早期終了しました。3/28のAM10:00開始でPM10:00くらいには13000くらいの枠が残っていましたか、その日のうちに終了となりました。私はギリギリ滑り込みで、3本分の300ポイントをゲットできました。

第2弾がまもなく3/31から始まりますので、レシポでポイントをためている方は必見です。
第1弾では東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪のローソンかファミリーマート限定で1人3本まで。先着20000回で100ポイントというのが、条件でした。期間は3/28AM10:00から3/30日の23:59でした。
第2弾は3/31AM0:00から4/3PM23:59までですが、今回も早期終了が予想されるので、素早く行動する必要があると思います。第2弾の詳細は開始と同時に発表されますので、どんな条件が提示されるか注目です。

【2017/3/31追記】第2弾は限定30000で一人5本までです。数量は10000増えましたが、一人あたりの本数が2本増えたので、第1弾よりも早く終わることが予想されます。
【3/31追記】朝方には上限30000を超え、完了していました。予想通りの早期終了です。寝る前に投稿しないとダメだったようです。
私は無事500ポイント獲得することができました。
第3弾は4/4の0:00開始です!こちらもお見逃しなく!


注意点
レシポの案件は、申し込み時に枠があいていても、投稿後に枠が埋まってしまい承認されないパターンがあるので、とにかく速く行動することが重要です。ちなみに第1弾の時は、私がレシートを投稿時は13000くらい枠がありましたが、それから30分後には終了していました。投稿したのに承認されないとなると、無駄買いになってしまうので注意しましょう!(個人的には、この商品はけっこうおいしいと思うので、最悪ポイントがつかなくても許せますが)。それと、となりに似たようなパッケージの違う味がおかれていることがありますので、間違えないでください。ライムミントミックスじゃないとダメなので。また、各期間のレシートは、別の期間には応募できませんので期間をまたがないように注意しましょう。


一本110円ほどで、100ポイント=90ANAマイルゲットするチャンスですので、お見逃しなく!もちろん、マイル派でない方にもオススメの案件です!今回のキャンペーンでガッツリ稼ぎましょう!


よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

JALハワイ行ビジネスクラス特典航空券を発券しました!

JALのマイルを本格的にため始めてから10か月。ついに目標であったビジネスクラスの特典航空券を発券しました。しかも行き先はハワイ!!
どこか海外に特典航空券で行けたらいいなと思い始めた陸マイラー活動ですが、ついにここまできたかという感じです。今回は、初めての特典航空券発券までの流れを書きたいと思います。

マイルはこんな方法で簡単にためることができます。
tabimania.hatenablog.jp

行き先決定までの経緯

13万JALマイルでビジネスクラス2名分の特典航空券が獲得可能な場所を調べ、空席状況を確認していました。詳しくはこちら。
tabimania.hatenablog.jp

ハワイ、オーストラリア、ドバイのうちどこでもいいので、行けそうな日程に空きが出たところに行こうと考え、毎日粘り強く空席照会をしていました。するとある日、ハワイに空きがでました。往復分獲得できそうです。13万マイル2名分で獲得可能な曜日限定特典で行けそうな日程です。これは、千載一遇のチャンス!と思い予約しましたので、以下予約までの流れを解説したいと思います。

曜日限定特典航空券とは

私は、所有マイルの都合上、通常の特典航空券ではなく、曜日限定特典をとりました。曜日限定特典のメリット・デメリットをまとめておきます。

メリット
通常の必要マイルより少ないマイル数で特典航空券を取ることができる。ハワイの場合は通常80000マイル/1人に対して、曜日限定特典は60000マイル/1人。

デメリット
①曜日が限定されている。発券対象は、日本発(往路)が火曜日から金曜日かつ海外発(復路)が月曜日から木曜日の便。往復とも空きがある場合に発券可能。
②繁忙期は設定がない。
③一度予約すると、日程の変更は不可。変更したい場合は、一度キャンセルしたのち再度予約する必要があるので、キャンセル料がかかる。

うまく使えば少ないマイルで旅行ができますが、特典航空券のメリットである日程変更が制限されてしまうのが痛いところです。

上記で説明したとおり、この特典は日程変更ができません。万が一キャンセルした場合には、手数料を払って、マイルが戻ってくるのですが、ここでひとつ問題が…。私が所有している13万マイルのうち13000マイルが3月末で期限切れになるマイルだったんですね。よって、ルール上、4月以降にキャンセルした場合には3月で期限切れになる13000マイルは戻ってくることなく失効することになります。13000マイルがなくなるのはさすがに痛いので、13000マイルのうち10000マイルを特典航空券の予約前にJQポイントに移行しました。(残りの3000マイルはe-JALポイントへ変えようかとも思いましたが、検討した結果、そのままマイルとして特典航空券の発券に使いました。よって、特典航空券をキャンセルすると3000マイル失効するという状態です)。もし、同じような状況の方がいましたら、必ず特典航空券の予約前に他のポイントへ移行してください。他のポイントへ先に移行しないと意味がないのは当たり前なんですけど、焦っていると、間違えるかなと、今回やってみて思いましたので、念のため。
こんな感じでJQポイントへ移行し、万が一の特典航空券キャンセルに備えました。
tabimania.hatenablog.jp

空席検索から予約確定までの流れ

まずは、JALのホームページにログインします。
そしてマイレージクラブの画面の会員専用メニューの「マイルを特典航空券に交換」「JAL国際線特典航空券の予約」と進みます。
f:id:tabimania:20170326215944p:plain

次に、空席検索画面で、検索したい条件を入力し、「次へ」をクリックします。
f:id:tabimania:20170326220611p:plain

予約画面に必要事項を記入します。私のように、キャンペーンを適用する場合はキャンペーンのところで適用するキャンペーンを選択します。すべて入力が終わったら、「予約」をクリックします。
f:id:tabimania:20170326221040p:plain

しばらくお待ちください。
f:id:tabimania:20170326221116p:plain

フライト候補が表示されますので、希望の便を選択し、人数を選択します。そして「次へ」をクリックします。
f:id:tabimania:20170326221906p:plain

曜日限定特典の場合、こんな注意書きが出てきます。よければ「OK」を押します。
f:id:tabimania:20170326222309p:plain

しばらくお待ちください。
f:id:tabimania:20170326222341p:plain

この後、座席指定と搭乗者名の入力を行います。さらに、燃油サーチャージと税金の支払い方法の選択があり、クレジットカードの情報を入力し、「確認に進む」をクリックします。すると、今まで入力した情報がすべて表示され、最下部に「手続きを完了する」というボタンが表示されます。これを押すと特典航空券の発券が完了します。
f:id:tabimania:20170326223008p:plain

が、その前に二つ確認の画面が出てきました。
f:id:tabimania:20170326223536p:plain
f:id:tabimania:20170326223548p:plain

しばらくお待ちください。
f:id:tabimania:20170326223616p:plain

ようやく完了です。最初から最後までで数十分かかりました。
f:id:tabimania:20170326223729p:plain

はじめて、特典航空券を取りましたが、国際線の予約とほとんど変わらない印象です。空席が極端に少ないこと以外はですが…。

予約した便の機材

今回予約した名古屋-ホノルル便の機材は往復ともB777-200ERでビジネスクラスは最新のSKY SUITEⅢです。これ乗ってみたかったんですよね。全席独立で1-2-1のヘリンボーン配列。真ん中のふた席はフルフラットにすると足の部分が立体的に交差する構造だそうです。大体想像はつきますが、どんな構造になっているのかやっぱり気になりますよね。往路は真ん中のふた席をとり、復路は窓側の座席をとることができました。両方ともに座ることができるので、違いをしっかり比べたいと思います。
こんなシートに座る日が今から楽しみです。
f:id:tabimania:20170326225321p:plain
(出典:JALHP)

ビジネスクラスには何回か乗ったことがありますが、JALを含め日系航空会社のビジネスクラスは初めてですので、どんなサービスが受けられるのかも今から楽しみです。

その後、予定通りハワイに行ってきました。旅行記はこちら。
tabimania.hatenablog.jp

特典航空券を予約して感じたこと

今回予約して思ったのは、常に自分の予定を確認できる状態にしておくことの重要性です。空席照会して空きがあったときにすぐに確保するためです。特に、曜日限定特典は変更ができない航空券ですので、予約した後、やっぱり行けなかったとなるとキャンセル料が発生してしまいます。かといって、空きを見つけたらすぐに予約しないと、そのまま残っている保証はありません。なので、自分の先々の予定をできる限りはっきりさせておくことが重要だなと思いました。


よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

関連記事
tabimania.hatenablog.jp
tabimania.hatenablog.jp

陸マイラーが14社でFX取引した感想のまとめ。使いやすさ・もらえるポイントなど

(最終更新:2018/3/11)
f:id:tabimania:20170326195934p:plain
ポイントサイト経由で大量ポイントを獲得するために一番手っ取り早い方法はFX口座開設&取引だと思います。でも、FXは破産への道だと思って、二の足を踏んでいる方もいるかと思います。私も初めはそうでしたが、やってみるとそんなに難しいことはありません。私は初めてFXの口座を開設してから半年ほどで17社の口座を開設しました。このうち14社で取引をしてみたので、感想を書きたいと思います。同じような取引なのですが、各社ツールの使いやすさや手数料が異なります。また、もらえるポイントもかなりの幅があります。このあたりもまとめてみます。ちなみに、この記事ではFX取引自体で儲けることは初めから考えておりませんので悪しからず。

目次

2018年3月11日現在のFXポイント調査

最新の状況を載せておきます。2017年に比べると下がっていますが、5000ポイント以上の案件は取り組む価値があると思います。

会社名 ポイントサイト 獲得ポイント
SBIFX ハピタス 7500
DMMFX ハピタス 4000
外為ジャパン ハピタス 4000
JFXマトリックストレーダー モバトク 6500
マネックスFX ポイントタウン 3500
ひまわりFX ちょびリッチ 5000
パートナーズFX ポイントインカム 2500
ヒロセ通商LIONFX ハピタス 4000
OANDA ちょびリッチ 5000
セントラル短資FX モバトク 15000
外為ドットコム モッピー 7000
GMO証券 ハピタス 5000
サクソバンク証券 ハピタス 6000

FXとは

FXとは外国為替証拠金取引のことで、外貨を売買して、買った時と売った時の価格差で儲けましょうというものです。例えば、1ドル100円の時に100円払って1ドルを買って、1ドルが105円になった時に、さっき買った1ドルを売ったら5円儲かりますよね。もちろん、逆に1ドルが95円になった場合は5円損します。基本的な考え方はこれに尽きます。
FXの取引では、これをもう少し大きな金額(100万円程度)で行うことが多いです。なので、儲かればいいんですけど、負けた時はけっこう痛いことになります。この負けた時の痛みをいかに軽減して(リスクを最小限に留めて)ポイントサイトのポイントを獲得するかを陸マイラーは考える必要があります。本稿では、なるべくリスクなく大量ポイントを得る方法を考えていきます。

用語解説

早速本題に入りたいところですが、その前に、FXには独特の用語がいくつか出てきますので、簡単に説明しておきます。
・証拠金
FXの口座に入金したお金は証拠金といわれます。保証金ですね。
・LOT(ロット)
取引の基本単位をLOTと呼びます。取引をするときは基本的にLOT単位での取引になります。各FX会社によって1LOTを1万通貨としていたり、1000通貨としていたりしますので、取引の前に確認する必要があります。
・通貨
FXでは1通貨とか1万通貨とかいうように使います。円ドルの取引の場合、1通貨取引と言ったら1ドルの取引をしますよということになります。1通貨取引をするためには1ドルがいくらかによりますが、1ドルを買うために必要な日本円(現在だと111円くらい)が必要です。1万通貨取引といったら10000ドルの取引ということになりますので、111万円くらいが必要ということになります。じゃあ1万通貨取引をするためには111万円必要なのかというと実はそうではなく、FXには次に説明するレバレッジというものがあるので、実際には111万円なくても1万通貨取引が可能です。
・レバレッジ
FXの取引では入金した金額以上の金額の取引することができます。通常、入金額の25倍の金額まで取引が可能なのですが、この時の倍率をレバレッジと呼びます。例えば、10万円入金して100万円分の取引をする場合はレバレッジは10倍、4万円入金して100万円分の取引をする場合はレバレッジは25倍ということになります。入金した金額(証拠金)の25倍まで取引可能と覚えておいてください。
・ロスカット
証拠金の額よりも損害が大きくなると、自分が売りたくなくても強制的に売られてしまいます。これをロスカットといいます。例えば、1ドル100円の時に、証拠金を4万円入金して1万ドルを買ったとします。ここで、為替が1ドル96円になったとします。すると、1万ドルの価値が96万円になりますよね。4万円の損害が出ます。証拠金の額と損害の額がイコールになりました。すると、この時点でロスカットが発動し、強制的に日本円に戻されてしまい、挽回のチャンスがなくなってしいます。多額の被害が出ないような仕組みです。
・スプレッド
外貨を買う時と売るときの値段の差をスプレッドといいます。為替変動がなかったとしても、買う時の金額と売るときの金額は違っていて、この金額差がFX会社の儲け(我々から見るとFX会社に払う手数料)となります。空港で両替するときも、売り買いで値段が違いますよね。それと同じです。違うのは、空港の両替ほど売り買いの金額に差がないということです。FXの会社によって異なりますが、1通貨につき0.3銭とか0.5銭とかそのくらいです。1万通貨取引した場合はその1万倍の手数料になるので30円とか50円とかそのくらいになります。もちろん、スプレッドは小さければ小さいほどいいです。手数料が安いってことですからね。

ポイントサイト経由でFX口座開設&取引すると何がいいの?

ずばり、ポイントがたくさんもらえることが利点です。ポイントサイトを経由してFX口座開設と取引をすると後述するとおり、多ければ万単位のポイントを獲得することができます。ポイントサイトで獲得したポイントはマイルや現金に交換することが可能です。FX口座の開設は必ず、ポイントサイト経由で行うようにしましょう。ポイントサイトを経由しないと大量のポイントが獲得できないので、やる意味がありません。FXで儲けようというのも否定はしませんが、素人には難しいと思います。FXで儲けようという方には本稿は参考にならないと思います。
FX取引自体では少し損をしますが、大量のポイントが手に入るので、総合すると得になるという説明を私が取引した結果を交えながらこの先していきます。

どんな会社があるの?

各種証券会社がFXの運営をやっています。本稿では私が口座を開設した17社を掲載していますが、ポイントサイトに乗っているものだけでも、26社ありました。後々はすべてこなしてポイントを獲得してもらえればいいのですが、本稿ではどれを優先してやるべきかを考えます。

1年間の実績(各社での負け金と獲得ポイント)

さてさて、前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。私が各社のFX口座を開設し、FX取引をして獲得して獲得したポイントと負け金額をまとめました。私と妻が別々に口座を開設したものは両方記載してあります。獲得ポイントはあくまでも、私が取引した時点での獲得ポイントですので、現在のポイントを示したものではありません。ご注意ください。

会社名 獲得ポイント ポイントサイト ポイント獲得条件 負け金額
SBIFX 15000、12000(妻) ポイントインカム、ハピタス(妻) 1万円入金・1通貨取引 1円、1円(妻)
DMMFX 15000、18000(妻) ハピタス 5万円入金・1万通貨取引 20円、+90円(妻)
外為ジャパン 15000 ハピタス 5万円入金・1lot取引 90円
みんなのFX 22000、22000(妻) GET MONEY 10万円入金・30lot(片道15lot)取引 140円、230円(妻)
JFXマトリックストレーダー 12500 ハピタス 入金指定なし・50万通貨取引 2210円
マネックスFX 10000、15000(妻) ハピタス 入金指定なし・10万通貨取引 140円、570円(妻)
ひまわりFX 11000 ハピタス 入金指定なし・50万通貨取引 6350円
パートナーズFX 7500 ハピタス 10万円入金・往復10回取引 630円
ヒロセ通商LIONFX 4000(開設のみ) ちょびリッチ 口座を開設するだけ 0円
OANDA 5000 ちょびリッチ 入金指定なし・10万通貨取引 380円
FXトレードファイナンシャル 14000 ハピタス 10万円入金・50万(片道25万)通貨取引 900円
efx.comくりっく365 5750 ちょびリッチ 口座を開設するだけ 0円
カブドットコム証券 2250、2250(妻) ちょびリッチ 口座を開設するだけ 0円
セントラル短資FXダイレクトプラス 7000、13000(妻) ちょびリッチ、モッピー(妻) 50万(片道25万)通貨取引 2440円、2170円(妻)
外為ドットコム 7000 モッピー 10万通貨取引 140円
GMO証券 5000 モッピー 3万通貨取引 20円
サクソバンク証券 8000 ハピタス 10万通貨取引 460円
合計 248250 --- --- 16802円

通算で16802円使って、248250ポイント獲得したことになります。少しの費用で大量マイルが稼げるので、やはりFXは素晴らしいです。

表をみるとわかりますが、同じ口座でも、経由するポイントサイトや時期によって、獲得ポイントにかなりの差があるので、いいタイミングを見つけることが大切です。各口座ごとに何ポイントなら高い、何ポイントだと安いという感覚を持つことが重要です。そのために、私の実績を参考にしていただけるとよいと思います。
とはいうものの、明日になれば獲得ポイントが上がるのか下がるのかはわかりませんので、極端に獲得ポイントが少ない時期でなければOKだと思います。私が半年やってきたなかでは、みんなのFXはいい時期にこなすことができたと思います。今はこんなに高額では出ていません。
逆に失敗したと思ったのが、マネックスFXです。私と妻の獲得ポイント数が5000ポイント違うのですが、実は申し込んだ日は1日しか違いません。私が10000ポイントで申し込んだ次の日に見てみたら15000ポイントにアップしていたんですよね。まだFXを始めて間もない頃だったので、地味にショックが大きかったです。ただ、逆パターンで昨日まで高かったのに今日見てみたらポイントが下がってて、それ以降半年たっても高くならないみたいな場合もあると思いますので、ある程度のポイント変動は仕方がないと割り切ることも必要です。

ポイントサイト別でいうと、FX案件に関しては、ハピタスが一番だと思います。口座の種類が多く、ポイントも高額なものが多いです。ですので、他のポイントサイトも確認しつつ、ハピタスを中心に攻めていけばよいと思います。2018年3月現在、ハピタス独占でサクソバンク証券の案件が出ています。取り組み易いのでお勧めです。

ハピタスの登録がまだという方はこちらからどうぞ。こちらから登録すると30ポイントもらえます。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

※2018年4月20日までハピタス入会キャンペーン中です。詳しくはこちらの記事を参照ください。
tabimania.hatenablog.jp

各社を使ってみた感想

実際にFX取引を行った14社について感想を簡単にまとめました。評価ポイントとしては取引画面の見やすさ、1回の取引にかかる時間、ポイント承認までのスピードなどです。1回の取引にかかる時間がかかればかかるほど、為替変動の影響を受けてしまうので、ポイント獲得が目的の場合は買った外貨をいかに早く売るかが勝負です。ですので、画面の見やすさと取引までに何クリック必要か(いくつの画面を経由する必要があるか)は特に重要であると考えます。ポイント承認については、自分の動きによっても変わるので参考程度にみていただければと思います。そんな観点で、個人的な好みも含めて評価していますので、参考にしてみてください。

1.SBIFX
 ・可もなく不可もなくといった感じ
 ・特別使いやすい感じはしないが、使いにくいわけでもない
 ・1通貨取引を1回するだけでポイントが獲得できるので、システムの良しあしはあまり問題にならないと思う
 ・ポイント承認まあまあはやい

2.DMMFX
 ・取引画面が使いやすい
 ・売買もはやい
 ・全体的に使いやすい印象
 ・ポイント承認まあまあはやい 

3.外為ジャパン
 ・DMMFXのシステムと同じシステムで使いやすい
 ・ポイント承認はやい 

4.みんなのFX
 ・可もなく不可もなくといった感じ
 ・特別使いやすい感じはしないが、使いにくいわけでもない
 ・ポイント承認まあまあはやい

5.JFXマトリックストレーダー
 ・取引画面に情報がたくさん表示されていて見づらい
 ・取引時の音が銃声(バキューンってやつ)で何回も聞いていると耳障り
 ・何回取引したかがわかりにくい(ポイント獲得に50回の取引が必要な案件なので、取引回数がわかりづらくて難儀した)
 ・ポイント承認はやい

6.マネックスFX
 ・実はあまり印象に残っていないがまあまあ使いやすかったと思う
 ・ポイント承認すこし遅い 

7.ひまわりFX
 ・可もなく不可もなくだが、50万通貨取引しないといけないので、もっと素早く取引できる画面にしてもらえるとうれしい
 ・ポイント承認遅い
 
8.パートナーズFX
 ・売買に必要なクリック回数が少なく素早い取引が可能
 ・勝ち負けが表示されているので、常に状況が把握できる
 ・全体的に使いやすい印象
 ・ポイント承認まあまあのはやさ

9.OANDA
 ・専用ソフトをインストールする必要がありめんどう
 ・専用ソフトのインストールがうまくいかず時間がかかった
 ・ソフト自体はけっこう使いやすかった
 ・ポイント承認遅い
 
10.FXトレードファイナンシャル
 ・専用ソフトのインストールが必要
 ・インストールはすぐに終わったのでよしとする
 ・売り買いとも特に使いづらさはない
 ・ポイント承認はやい

11.セントラル短資FX ※2017/5/22追記
 ・システムは使いやすい
 ・売買も速い
 ・スプレッドが高い(1銭)ので、損失がでやすい
 ・ポイント承認はやい

12.外為ドットコム ※2018/3/11追記
 ・システムは使いやすい
 ・ポイント承認はやい

13.GMO証券 ※2018/3/11追記
 ・システムは使いやすい
 ・売買も速い
 ・ポイント承認はやい

14.サクソバンク証券 ※2018/3/11追記
 ・システムは使いやすい
 ・売買も速い
 ・新規注文と決済注文を間違えやすい
 ・ポイント承認はまだなので不明

おススメはどの口座?

それで、おススメはどこのFXかと言いますと、ズバリはじめての方にはSBIFXがおススメです。理由は、クリア条件が簡単なこととリスクが極限まで抑えられていること。失敗しても問題ないレベルなので、はじめての方にぴったりです。詳しくは下記の記事をご参照ください。下記の記事ではSBIFXの取引方法について書いてありますが、他の会社も基本的には同じ流れです。
tabimania.hatenablog.jp

SBIFXの次におススメなのは、10万通貨以下の取引数で、10000ポイント以上獲得できる、DMMFX、外為ジャパン、マネックスFXあたりでしょうか。これらは、取引数が少ないのでリスクも少なめです。実際に私の負けを見ても20円、90円、140円に収まっています。もう少し負けることもあるでしょうが、10000ポイント以上獲得できるので、ポイントを含めて考えれば大きくプラスになります。これらの案件はかなり下がってしまいましたので、優先順位は下がりました。

SBIFXでFXデビューした後は、GMO証券、サクソバンク証券が取り組みやすいと思います。慣れてきたら、だんだんとポイント獲得条件が厳しいFXにチャレンジしてみてください。取引回数が多くなるので、負け金額が大きくなります。獲得ポイント数よりも負け金額が大きくならないようにしましょう。

50万通貨取引が必要な案件の場合少なくとも1500円くらいの負けが見込まれます(会社によっては2500円の場合も)。実際には理論値よりも負けることも多いので、もっと負けが膨らむこともあります。こんな時、獲得ポイントが4000ポイントとか5000ポイントとかの案件だと、利益なしかむしろマイナスなんてことにもなりかねません。実際に私はひまわりFX(50万通貨取引が必要な案件)で6350円の負けをたたき出してしまいました。私の場合は獲得ポイントが11000ポイントだったので、総合するとプラスでしたが、もらえるポイントが5000ポイントの時に同じことをやってしまうとマイナスになってしまいますよね。なので、獲得ポイントと取引回数(金額)のバランスを確認することはとても重要なのです。覚えておいてください。
ちなみに、理論的にどのくらいの負けになるかは下記の式で算出できます。参考まで。
 1通貨の売り買いの価格差×1回の取引取引金額×取引回数(例:0.3銭×10000通貨×50回の場合は1500円となります。)

口座開設時に注意が必要な会社

FX取引を行うためには口座開設が必要ですが、口座開設時に注意が必要な会社があります。
ヒロセ通商LIONFX、FXトレードファイナンシャル、efx.comくりっく365の3つは私と妻が同時に申し込みをして片方が審査落ち(口座開設できなかった)しました。クレジットカードの審査と違ってFXの口座開設は基本的には通過できるものと思っていましたので、驚きました。同時申し込みがいけなかったのか、そもそも家族で別口座は開設不可なのかは定かではありませんが、家族でFXに取り組もうと思っている方は注意してください。開設時期をずらすなどすれば、通るのかもしれません。

もう1つ、FXトレードファイナンシャルの口座を開設した時の話ですが、電話確認がありました。申し込みをするとメールが送られてきて、「この番号に電話してください」と書かれていました。それで、電話口でオペレーターの方からいくつか質問がありました。質問内容は突然だと答えにくいものもあるので、しっかり予習してから電話に臨みましょう。
質問内容は以下の通りです。
 ・氏名、生年月日の確認
 ・FXはハイリスクハイリターンな取引だけどいいですか?場合によっては全額なくなるかもしれませんよ
 ・弊社では投資のアドバイスはしていません
 ・デモ口座があるから、本番使う前に使ってね
ここまでは「はい」って言っていればまあよかったのですが、次が困りました。
 ・どの種類の取引に興味がありますか?
この会社にどんな取引方法があるかなんて知らないし!困りました。「ふ、ふつうのFX取引」という苦しい回答をしました。
 ・なぜ当社を選んだのですか?
就職の面接か!と突っ込みたくなりますが、ほんとに聞かれました。「ネットで見て使いやすそうだったので」と回答しました。
 ・FXの経験ありますが?他にどこの会社の口座がありますか?
SBIとかDMMとかどこか、FXの会社の名前を言えばいいと思います。
という感じで、半ば面接のような尋問のような時間が流れます。これを乗り越えると、口座が開設されます。 

全般的な注意点

FX口座開設&取引でポイントを獲得するために注意すべき点がいくつかあります。以下にまとめましたので、必ず守ってください。さもないとポイントが付かない、大損するという恐れがあります。

ポイント付与に関して

・ポイント獲得条件の中に入金金額の指示がある案件は、必ず一括で入金をして、ポイント獲得までは引き出してはいけません。これを守らないとポイントがもらえません。
・ポイント獲得条件があいまいな場合は、厳しいほうの条件を達成しておいてください。具体的にいうと、ポイント獲得条件に取引の回数があるが、片道でいいのか往復やる必要があるのかがわからない場合です。条件にはっきり書いてあれば問題ないですが、書いていない場合は厳しい条件を満たすように行動しましょう。例えば、30万通貨取引が達成条件の場合、1万通貨を30回買う必要があるのか、15回買って15回売ればよいのかの違いです。自分勝手な判断で簡単な条件のほうでいいやという判断はしないほうが無難です。ポイント獲得条件を満たせなければ、FX取引をやる価値はないのですから。
・同一世帯で1回までの注意書きがある場合は、基本的に1世帯1回までです。ただし、注意書きがあっても、同一世帯2人目がポイント獲得可能な場合もあります。私が確認したところでは、DMMFXは1世帯1回までと書かれていましたが、二人目もポイントが獲得できました。これは、やってみないと何とも言えませんが、できるものもあるといった感じでしょうか。もし、二人目にチャレンジする場合は最低でも別のIPアドレスを使用する必要はあると思います。それぞれのスマホで申し込めばOK。もちろん家のWifiはOFFで。また、申込時期をずらすなどの対策も意味があるかもしれません。
同じ時期に出ているFX案件であっても、ポイントサイトによってポイント獲得条件が異なる場合があります。自分が達成可能な条件のポイントサイトから申し込むようにしましょう。同じFX案件でも、あるポイントサイトではポイントは安いが口座開設のみ、別のポイントサイトではもらえるポイントは多いが、ポイント獲得の条件がかなり難しいということもありますので。

取引に関して

1度に取引するのはMAX1万通貨にしましょう。10万円入金するとドル円の取引の場合、現在の為替レートだと2万通貨まで取引可能ですが、たくさんの金額を動かすということはそれだけ負けた時の損害が大きくなるということです。FX取引で儲けることが目的ではないので、勝つことよりも、負けないことを考える必要があります。私は、ひまわりFXで50万通貨取引を達成するための取引をしていた時に、1万通貨ずつ取引するのが面倒だなと思い、取引回数が半分で済む2万通貨取引をやったことがありますが、成績は1万通貨取引を繰り返した時よりもかなり悪かったです。6千円負けました。こういった経験からも、堅実に1万通貨ずつ取引したほうがよいと考えています。
・経済指標の発表時等は取引をしないほうが無難です。FX会社からも注意情報の連絡があると思います。経済指標の発表内容によっては為替が大幅に動くことがあるからです。アメリカ大統領選の時なんかは為替がかなり動きましたよね。どっちに転ぶかわからないときは静観するに限ります。何度も言いますが、FX自体で儲けることを目的としていないので。

まとめ

重要な点をもう一度書いておきます。
陸マイラーはFXで儲けようとは思わないこと!儲けることよりも、負けないことを第一に考えて行動しましょう。獲得すべきは、FXの勝ち金ではなく、ポイントサイトのポイントであるということを忘れずに!
・口座開設のタイミングとどのポイントサイトを経由するかは獲得ポイントにかなりの影響を及ぼします。いい案件を見つけたら、素早く申し込みましょう。次の日も同じポイントがもらえる保証はありません。なるべく高ポイントもらえるように相場観を養いましょう。
・各ポイントサイトでポイント獲得条件をしっかり確認しましょう。特に、一括入金をすることと、ポイント確定まで出金しないことは必ず守りましょう。
・最初は、簡単にポイントが獲得できる案件から始めましょう。
・慣れてきたら、獲得ポイントと予想損害額のバランスを考慮してポイント獲得条件が厳しいものにも挑戦してみてもいいと思います。
取引はなるべく少額でコツコツやるのが、大損しないコツです。

以上、長文を読んでいただきありがとうございました。私の経験を少しでも生かしていただければ幸いです。


ハピタスの登録がまだという方はこちらからどうぞ。こちらから登録すると30ポイントもらえます。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

※2018年4月20日までハピタス入会キャンペーン中です。詳しくはこちらの記事を参照ください。
tabimania.hatenablog.jp


モッピーはこちらから登録お願いします。
モッピー!お金がたまるポイントサイト

ちょびリッチはこちらから登録お願いします。
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ



よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

素晴らしき国際線ビジネスクラスの世界!機内食・シート・サービスなど

今回はビジネスクラスの素晴らしさを書きたいと思います。私のビジネスクラスデビューは2015年でした。初めて乗った時には感激でした。エコノミークラスはあれはあれで結構好きなんですけど、やはり長距離路線や夜行便ではビジネスクラスが断然いいと思います。また、エコノミーでは味わえない各種サービスがあり、非日常を演出してくれます。旅は非日常を味わうためのものとも言われますので、旅先だけでなくフライト中も非日常を味わえるなんてすばらしいと思います。ビジネスクラスのサービスを順を追って説明します。

目次

チェックインカウンター

空港に行くとまず、チェックインカウンターにいって搭乗手続きをしますよね。これ、時間帯によっては30分以上待つ時もあります。その待ち時間、ビジネスクラスなら必要ないです。なぜなら、ビジネスクラス専用のチェックインカウンターがあるからです。ビジネスクラスの乗客数はエコノミーの数分の一ですがチェックインカウンターの数は同程度用意されています。ですので、行列に並ぶことなく、搭乗手続きと荷物預けができるのです。体験するとわかりますが、これは特に繁忙期や海外の空港でかなり快適です。

保安検査

こちらも、搭乗手続きと同じく優先レーンがあります(空港によってはない場合もあります)。これも行列をショートカットできるので快適です。

ラウンジ

ビジネスクラスに乗る前には、ビジネスクラス用のラウンジを使うことができます。チェックインの時にラウンジの場所を教えてもらえると思います。国際線のラウンジはかなり豪華です。まず、アルコール含め飲み物が自由に飲めます。そして、ほとんどのラウンジでビュッフェスタイルの食べ物が用意されています。中には、バーやシャワー、マッサージなんかもあるラウンジもあります。私のお気に入りはJALのサクララウンジのカレーと香港キャセイパシフィックラウンジの担担麺です。クレジットカードのゴールドカードで使えるラウンジ(カードラウンジ)とは雲泥の差です。カードラウンジでは普通無料ビールすらありませんからね。私はビジネスクラスラウンジ大好きです笑。国際線のビジネスクラスラウンジのレポートは下記にまとめてあります。場所による違いはありますが、同程度のサービスを受けられます。

tabimania.hatenablog.jp
tabimania.hatenablog.jp
tabimania.hatenablog.jp
tabimania.hatenablog.jp
tabimania.hatenablog.jp

搭乗

搭乗も優先搭乗ができます。エコノミークラスの場合は行列に並びながら、優先搭乗している人たちを見送る必要がありましたが、ビジネスなら見送られる側になります。ここでも行列に並ばなくてもよいという利点があります。でも、優先搭乗って何がいいの?ゆっくり乗っても一緒でしょ?って思いますよね?実は、ビジネスクラスの人は先に飛行機に乗り込んで、ウェルカムドリンクのサービスを受けています。シャンパンを飲んでいるんです笑。もちろんソフトドリンクもありますので、アルコールがだめな方もご安心を。
f:id:tabimania:20180304152245j:plain
あと、優先搭乗してよかったなと思ったのが、飛行機の搭乗にバスを使うパターンのとき(いわゆる沖止めの時)です。沖止めの場合に優先搭乗すると、最初のバスはビジネスクラスの乗客だけ載せて飛行機まで行きます。なので、バスはすいているんですね。ゆったり座っていけます。バス2便目からはエコノミークラスのお客さんが乗るので、通勤ラッシュ状態です。エコノミーのお客さんが通勤ラッシュ状態のころ、ビジネスのお客さんはシャンパンで乾杯しています。いいですよね~。

座席

座席は、ご存じの方が多いと思いますが、ビジネスはエコノミーに比べてかなり広いです。航空会社や路線によって異なりますが、アジア行の路線で新幹線のグリーン車を広くしたような座席が多いように思います。アメリカやヨーロッパ行の長距離路線ではフルフラットになるシートを採用している航空会社が多いです。最近は各社競争が激しいのでアジア路線でもフルフラットを採用する例も増えています。フルフラットの座席は特に夜行便で威力を発揮すると思います。私は、香港-インド、日本-アメリカ線などでフルフラットに乗りましたが、エコノミークラスとは別世界です。よく眠れます。
f:id:tabimania:20170324223756j:plain

機内食

ビジネスクラスではコース料理のような提供のされ方をします。前菜、メイン、パン、デザートなどが出てきます。また、飲み物はシャンパン、ワインなどを含めて飲み放題です。(飲みすぎには注意!。)普段コース料理は結婚式くらいでしか食べないのでなかなか新鮮ですね。機内食は航空会社によって違いますが、こんな感じのものが出てきます。
f:id:tabimania:20170324223857j:plain
f:id:tabimania:20170324223937j:plain
デザートを食べ終わり、おなかいっぱいと思った後に、ハーゲンダッツを出されたりします笑。
f:id:tabimania:20170324224236j:plain
ナッツやチーズなどは好きな時に自由にオーダー可能な場合が多いと思います。
f:id:tabimania:20170324224058j:plain

荷物の優先受け取り

空港に着いた後も、サービスは続きます。荷物の受け取りです。スーツケースがなかなか出てこないときありますよね。特に大型機だとあれ?ロストしたかな?と思うほど出てこないこともあります。しかし、ビジネスクラスに乗ればそんな心配をすることもありません。優先して出てきます。早く出てきた荷物を受け取り、颯爽と街に繰り出すことができます。

まとめ

こんな感じで、日常ではなかなかできない体験ができるのがビジネスクラスです。はっきり言って飛行機のイメージが変わります。お金持ちじゃなくても誰でも体験することが可能です。このブログでは、いかにマイルを貯めてビジネスクラスに乗るかについても、時々書いていこうと思っています。

私はこうやってマイルを貯めています。
tabimania.hatenablog.jp

ビジネスクラス特典航空券でハワイに行ってきました。
tabimania.hatenablog.jp


クレジットカード決済中心でマイルを貯める方法の一例はこちら。
tabimania.hatenablog.jp
クレジットカードのキャンペーンでマイルを貯める一例はこちら。このようなキャンペーンが数多く行われています。
tabimania.hatenablog.jp
tabimania.hatenablog.jp


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

JALマイルで特典航空券を取ろう!空席照会のポイント・ねらい目の時期など

f:id:tabimania:20180304151448p:plain
JALのマイルを本格的にため始めてから10か月。2017年3月初めの段階で13万マイルたまりました。そろそろ特典航空券を取りたいので、このマイル数でどこに行けるかを検討します。

行き先の条件

JALのマイルを貯めて、特典航空券をゲットしようと思い立ったのが2016年5月。それ以来、細かいこともしてマイルを貯めました。こんな感じです。
tabimania.hatenablog.jp
tabimania.hatenablog.jp

3月初めの時点で手持ちのマイルは13万マイルでした。こんななかまずは、以下のような条件で行き先の候補を検討しました。
  ①ビジネスクラス2名分で13万マイル以内
  ②フルフラットシートの便
  ③なるべく長距離の路線でフルフラットシートを満喫したい
  ④行ったことがない国

JALの特典航空券での行き先候補検討

上記のような条件でまずはJALのホームページで必要マイル数を調べます。
下記の表は一人分の必要マイルです。

行き先 必要マイル(通常) 必要マイル(曜日限定)
ハワイ、オセアニア、ロシア、東南アジア 80000 60000
韓国 36000 30000
中国、香港、マニラ 48000 40000
グアム 45000 40000

曜日限定と書いてあるのは、日本を火曜日~金曜日に出発し、海外を月曜日から木曜日に出発した場合に必要マイルが少なくなるキャンペーンです。(通常利用と比べると、変更ができないなどの制約があります。また、年末年始・GW・夏休みの繁忙期には設定されていません)

で、この中で行きたいところはどこかと言いますと、ハワイかオセアニアです。近場はビジネスクラスじゃなくてもいいかなと思いますし、ロシアはちょっと自信がないですしね。
ハワイもオーストラリアも行ったことがなく、フルフラットの設定があります。現在の手持ちマイルからすると、曜日限定特典の利用とはなりますが、なんとか足りるレベルです。
早速、特典航空券の空席照会を行ってみると、案の定、1年先まで満席となっております。噂できいてはいましたが、マイルはためるより使うほうが難しいとはこのことですね。

提携航空会社の特典航空券での行き先候補検討

とりあえず、ハワイとオーストラリアを候補として、次に提携航空会社の特典航空券を調べました。
こちらもJALのサイトから必要マイル数を調べることができます。こちらもJAL便での行き先検討と同じ条件での検討です。

行き先 航空会社 必要マイル
ドバイ エミレーツ 65000
オーストラリア カンタス 65000

目についたところはこの二つですね。オーストラリアは曜日限定ならJAL便のほうがマイルが少なくて済むので、JALで取れなかった場合はカンタスでもいいかなくらいの考えです。実は、ドバイはかなり魅力的だなと感じていて、気持ちが傾きました。というのも、成田-ドバイ便は3/26からA380での運行になるので、豪華フルフラットが満喫できます。あと、ドバイ空港のラウンジとかそそられますよねぇ~。

というわけで、行き先候補をJALのハワイ、オーストラリアとエミレーツのドバイの3か所に絞り、今後のために、空き状況の調査を始めました。

JAL特典航空券の空き状況を調べていて気付いたこと

候補が決まったところで、空き状況の調査を開始しました。JALのホームページでハワイとシドニーの空き状況を毎日調べます。約1年先まで調べることができますが、かなりの確率で満席となっています。たまに空いている日があっても、片道だけ空いていて、帰りは1か月後まで空きなしとかそういった状況でした。さすがに、帰りが1か月後ではお話にならないので、予約するわけにはいきません。また、曜日限定特典を狙っているので、金曜に日本を出発して月曜か火曜の便で帰ってくる必要があります。このような条件で空いている週を1月くらいから調べていましたが、なかなかありません。
でも、毎日空き状況を調べる中でわかったことがあります。それは、直近になると空席があるということです。翌週の空き状況を調べてみると空いていることが多かったのです。前に調べた時は、満席になっていたはずだけど…今日調べたら空いてるなということが何回もありました。この理由は、正確なことはわかりませんが、特典航空券をキープしていた人がキャンセルしたか、またはJALが特典航空券用に枠を解放したかではないかと推察されます。理由はともあれ、直近になると空席が出る傾向にあることが分かったので、希望が湧いてきました。

JALの状況はこんな感じでしたが、エミレーツも並行して調査します。

エミレーツ特典航空券の空き状況の調べ方

JALのマイルを、JAL以外の航空会社の特典航空券に交換する場合、提携先によってネット予約できる会社と電話予約のみの会社(JALのデスクで受け付けてもらえます)に分けられます。エミレーツは電話予約のみの会社です。厄介なのが、電話予約のみの会社は空き状況の照会もネットですることができないことです。ですので、正攻法でいけば、JALのデスクに電話して、空き状況を聞く必要があります。しかしながら、毎日電話して確認するのは、できなくはないでしょうが大変ですよね。何とかネットで見る方法はないでしょうか?と思っていると、ありました。カンタス航空のサイトです。
カンタス航空のサイトに特典航空券の空き状況を調べるコンテンツがあります。注意点としては、JALで空席照会をした場合との空き状況の整合性がとれないことです。ネットで調べた場合と電話で調べた場合に空き状況が違ったという話はよく聞きますし、何より会社が違うので、空席照会の結果も違っても不思議はありません。カンタスでの空席照会は、あくまでも、参考情報としてみる必要があります。また、カンタスのマイル会員に登録することが空席照会を使用できる条件です。無料で登録できます。
で、カンタスのサイトを使ってエミレーツの空き状況を調べてみると、ちらほら空いています。3月時点で、GWでも空いている日程がありました。ただし、行った次の日に帰ってくるような強行日程ですが。まあ、ビジネスクラスに乗ることが一番の目的ですから、強行日程でもいいんですが。

今回書いたように、直近でも特典航空券が取れる場合がありそうですので、空き状況をこまめに調べることが、特典航空券をとるための近道だと思います。

その後、実際に特典航空券を発券し、ビジネスクラスでハワイに行ってきました。
特典航空券の発券と旅行記はこちら。
tabimania.hatenablog.jp
tabimania.hatenablog.jp

JALのマイルはポイントサイトを使うとたまります。
tabimania.hatenablog.jp

ANAのマイルを貯める方法はこちら。
tabimania.hatenablog.jp


よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

羽田空港で国内線に乗り遅れそうになった話

f:id:tabimania:20170320105626j:plain
空港内をスタッフの方と一緒に走っている人って結構見かけますよね。テレビの空港密着みたいな番組でもやってますよね。あれ、私です。やってしまいました。私の場合ギリギリセーフで何とか間に合いましたが、その時のことを書きたいと思います。

時は2016年7月夕方、場所は羽田空港でした。私は、東京での用事を済ませ帰宅するため、羽田空港の第1ターミナルに向かいました。19時45分発の便に乗る予定で、18時30分に到着しました。食事をしようかとも思いましたが、まずは自動チェックイン機でいい座席が空いていないかを確認しようと思い、自動チェックイン機に向かいました。
自動チェックイン機の操作はよくやっているので、慣れたものです。この日も、いつものようにJALカードを機械に入れます。しばらく待つと、先に進む画面がでてくるはずが…出てこない。代わりに出てきた画面は、このフライトの手続きはできませんという旨が書かれた画面でした。

あれっ?おかしいな??なんで手続きできないんだろう?と思っていると、すかさず後ろから声をかけられました。
「お客様何時の便にご搭乗予定でしょうか?」と地上スタッフの方。

「ええと、19時45分…」と言いながら、何かがおかしいことに私も気づいてしまいました。

はい、そうです。フライトの時間を1時間間違えていたのです!!
実際の出発時刻は18時45分だったのです!つまり、あと15分で出発です!!

ここから、地上スタッフさんの勝負が始まります。私をチェックインカウンターに誘導し、どこかに連絡を入れています。
「18時45分に搭乗予定のお客様、時間を間違えたそうで、今カウンターです。預け荷物はありません。搭乗できますか?」のような内容を問い合わせていました。
この時点で、18時30分は過ぎていたので、ドキドキしながら待っていると、搭乗OKとの回答が!

「すぐに保安検査を通ってゲートに向かってください」と言いながら、スタッフさんはもう走り始めていました!運のいいことに保安検査場は空いていたので、すんなり通過。
あとは搭乗口までダッシュです。名古屋行きはそんなに近い搭乗口に配置されておらず、結構な距離を走りました。
息を切らしながらゲートに着くと、ゲートのスタッフのかたが優しく迎え入れてくれて、無事搭乗できました。

チェックインカウンターのスタッフのかたも一緒にダッシュで着いてきてくれたみたいです。時間を間違えた私のためにありがたいことです。
さらに、「お急ぎいただきありがとうございました。」と言葉をかけてくれました。いえいえ、こちらこそご迷惑おかけしましたと言ってお別れしました。
アメリカならお客さんに落ち度がなくても何もなしですが、さすが日本は違います!何とかして乗せようと努力してくれます。
私が飛行機に乗り込んだ時間は出発時刻の5分前位でした。私の後から搭乗している方もけっこういましたが、結局定時出発しました。
地上スタッフの方は日々このような努力をされているかと思うと頭の下がる思いです。次回からはフライト時刻をしっかり確認して、時間に余裕をもって空港に行こうと思った出来事でした。



よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

JMB JQ SUGOCAでJALからANAへマイル交換するメリットを考える

JMB JQ SUGOCAを所有していると、JALのマイルをANAのマイルに交換することができます。せっかく貯めたJALのマイルをANAのマイルに交換する必要は通常はないと思います。JALからANAに交換するくらいなら最初からANAのマイルを貯めればいいはずです。しかしそれでも、私はこのカードには利用価値があると考えています。先日、このカードを使ってJALからANAにマイル交換しましたので、その方法とこの交換の使いどころなどを書きたいと思います。

JMB JQ SUGOCAの基本情報

f:id:tabimania:20170312121644p:plain
JMB JQ SUGOCAはJR九州のクレジットカードにJMBの機能とSUGOCAの機能を搭載したクレジットカードです。決済200円で1ポイントのJQポイントがたまります。JQポイントはJALのマイルまたはGポイントへの交換が可能です。年会費は初年度無料、2年目から1350円(税込)ですが、前年に1回でもカードの利用があった場合は2年目以降も無料です。JR九州の割引切符が買えたり、SUGOCAとしても利用可能なカードなので、九州地区にお住いの方であれば、けっこう使い道がありそうなカードです。九州以外にお住まいの方にとっては、このカードを利用するメリットはあまりないように感じますが、JALからANAへマイルを交換したい場合に高レートで可能なことが利点です。
ちなみにこのカード、現在は各種ポイントサイトには出ていません(2017/3/12現在)。何か月か前にはハピタスで4500ポイントで出ていたんですが。

JALからANAへの交換ルートとレート

交換ルートはこんな感じです。
f:id:tabimania:20170312010625p:plain
JALマイルをJQポイントに交換し、さらにGポイントに交換します。あとはソラチカルートですね。レートはと言うと、10000JALマイルが最終的に8550ANAマイルになります。少し目減りしますが、まあまあ高いレートだと思います。年に2万JALマイルまで交換可能です。

JALマイルからJQポイントへの交換方法

実際に10000ポイント交換してみましたので、方法を見てみたいと思います。簡単です。ちなみに、JMB JQ SUGOCAをつくるときに、JMBのお得意様番号を入力するので、交換の時には交換先の名義を入力する画面は出てきません。自動的に自分のJQポイントとして反映されます。
まずはこの画面から「マイルをその他の特典に交換」を選びます。
f:id:tabimania:20170312111256p:plain

つぎにこちらの画面で、「WAON・パートナー特典」を選択します。
f:id:tabimania:20170312111713p:plain

一番下にSUGOCA特典がありますので、こちらをクリックします。
f:id:tabimania:20170312111906p:plain

「特典申し込み」をクリックします。
f:id:tabimania:20170312112004p:plain

内容を確認のうえ、チェックを入れて「特典申し込みの確認」をクリックします。
f:id:tabimania:20170312112138p:plain

最後に「特典申し込み」をクリックすると申し込み完了です。約1週間で交換完了となっていますが、実際には4~5日くらいで、JQポイントが加算されていました。
f:id:tabimania:20170312112246p:plain

JQポイントからGポイントへの交換方法

JQポイントからGポイントに交換するためにはまず、JQ NET CLUBに登録する必要があります(メールアドレスがあれば簡単にできます。もちろん無料です)。
登録が完了したら、マイページで現在のJQポイントを見ることができます。先日交換した10000ポイントが入っています。この画面の「提携ポイントに交換する」をクリックします。
f:id:tabimania:20170312114045p:plain

Gポイントへの「交換」をクリックします。ちなみに、JALのマイルへの交換もあります。交換レートは2:1なので損ですが、どうしてもJALのマイルに戻したい場合は使うことができます。
f:id:tabimania:20170312114436p:plain

当たり前ですが、Gポイントへの交換のためにはGポイントへの登録が必要です。登録がまだの方は、こちらから登録すると50Gもらえます。
Gポイント

次に、ポイント数を入力し「確認」をクリックします。1000ポイント以上100ポイント単位で交換可能です。
f:id:tabimania:20170312115546p:plain

最後に、JQ NET CLUBのパスワードを入力し「確定」をクリックして完了です。翌日にGポイントが加算されていました。
f:id:tabimania:20170312122140p:plain

JAL→ANA交換の使いどころ

JAL→ANA交換は通常使う必要はないと思いますが、どんな場合に使う価値があるかを考えてみます。おおきくわけて、以下のような場合が考えられるのではないでしょうか。

JALマイルの有効期限が切れそうな場合

これが一番あり得る理由かと思います。期限切れになりそうなマイルをとりあえずANAに逃がすという考えです。私も、もともとこれを狙って、このカードをつくりました。私の場合は3月で期限切れのJALマイルが13000マイルほどあったのですが、マイルの使い道が見えていなかったので、念のためこのカードをつくっておきました。念のためと思っていたのが、実際に役に立ったわけです。今回は10000マイルをJQポイントに交換し、残りの3000マイルを他で消費し、期限切れを回避しました。
年間(4月~翌3月)で2万マイルまでという交換制限があるので、期限切れになるマイルが大量にある場合は使えません。また、最少交換単位が1万マイルなので、期限切れになるマイルが少ない場合にも交換はできません。これらの制約を考えると、なかなか使いどころが難しいですね。ひ

ANAのマイルがあと何千マイルか必要なとき

もう一つの使いどころが、ANAマイルがあとちょっとあれば特典航空券に届くのにって時ですかね。この場合ネックになるのが、交換までにかかる時間です。最低2か月はかかるので、早めに動き出す必要があります。また、交換単位が1万マイルと大きいこともネックですね。あと少しANAマイルがあればいいという場合も、1万も交換しないといけないので、ネックになると思います。

まとめ

JMB JQ SUGOCAを用いたJALマイルからANAマイルへの交換は、積極的に使うものではないと思いますが、ある一定の場面では利用価値があると思います。マイルが有効期限切れになってしまう前に避難させる場合には検討の余地があるかと思います。あらかじめJMB JQ SUGOCAをつくっておくと、マイル期限切れの直前になって焦らなくてすむと思います。


よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

関連記事
[http://tabimania.hatenablog.jp/entry/2017/02/12/221359:embed:cite]

シンガポール旅行記~OKA-SINルートで旅するシンガポール~その4

(最終更新:2018/3/4)
f:id:tabimania:20170311235650j:plain
2016年10月にシンガポールに行ってきたので紹介したいと思います。
JGC修行の一環として行ったのでOKA-SINルートを使いました。
前回はシンガポール観光についてお伝えしましたので、今回は続きを書きます。


前回までの記事はこちら。
tabimania.hatenablog.jp
tabimania.hatenablog.jp
tabimania.hatenablog.jp

チャンギ空港出発まで

シンガポールチャンギ空港をAM1:50に出発する便で帰国するため、22時前には空港へ。着いた時にはまだチェックインカウンターが開いていませんでしたが、しばらくするとオープンしたので、まずはチェックインしました。往路でスーツケースが破損したので、ここでも羽田に着いてからの手続きについて説明を受けました。
スーツケース破損時の対応についてはこちらに書いています。
tabimania.hatenablog.jp

荷物を預けた後は、食事をしようと思い、飲食店を探しましたが、制限エリア外ではお店が見つかりませんでした。地図を見ると、他のターミナルにはお店があるように書いてありましたが、移動していると時間がかかるのであきらめて、とりあえず制限エリアの中に入ることにします。制限エリア内は遅くまで開いている飲食店がいくつかあったので、早めに入ることをお勧めします。

チャンギ空港には、セキュリティーチェックが搭乗ゲートにあるという特徴があります。ですが、出国審査の前に、簡単な荷物の確認(X線検査)がありました。この後、すんなり出国審査を終えて制限エリアに入りました。まずは、1日観光した汗を流すべくラウンジに向かいます。とはいうものの、ラウンジに入ることができるステータスを持っていないので、一般有料ラウンジの利用となります。さすがに、シャワーを浴びずに帰国するのは気持ち悪いですからね。お金はかかりますが、有料ラウンジを使いました。今回は、プラザプレミアムラウンジを使用しました。シャワー利用料金は16シンガポールドル/1人でした。クレジットカードで支払い可能なので、シンガポールドルが残っていなくても大丈夫です。早速シャワーを使用します。こんな感じで、シャワールームはけっこうきれいでした。
f:id:tabimania:20170311225418j:plain
シャワー後は、そうそうにラウンジをあとにします。というのも、お土産をまだ買っていなかったんですよね。ユニバーサルスタジオでお土産を買おうとしたら、お菓子がなにも売ってなかったんです!日本じゃ考えられないですが、こんなもんなんでしょうか?さらにはチャンギ空港にもあまり気に入ったものは売っていませんでした。日本ほどお土産の種類がないので、お土産を買う方は市街地で買ったほうがいいと思います。なんとかセブンイレブンで、チョコレートとクッキーを売っていたので、お土産が確保できました。

この後、ゲート前でセキュリティーチェックがあり、ゲート前の待合室で少し待って搭乗しました。普通の空港と違って、ゲート前でセキュリティーチェックがあるので、早めにゲートに行く必要があります。いつものような時間感覚でいると遅れてしまうので、注意が必要です。

搭乗から帰国まで

搭乗後は夜も遅いのですぐに眠ってしまいました。起きると、朝食が配布されているところでした。朝食はスープバーのスープでとてもおいしかったです。
f:id:tabimania:20170311230945j:plain
定刻で羽田に到着。入国審査を終えて、荷物引取りに行くと、名前が書かれたプラカートを持った地上スタッフの方が私たちを待ち受けていました。往路で壊れたスーツケースの修理手続きのためですね。シンガポールではしきりに羽田に着いて荷物を引き取ったら、地上係員にお知らせくださいと言われていたので、プラカードを持って待っていたのは意外でした。手続きはすんなりすんで、無事帰国となりました。

HND-OKA-NGO

ここで妻とは別行動となり、私は那覇経由で名古屋に向かいます(妻は直接名古屋へ)。今から、沖縄に行くというのは何とも言えない気分です。飛行機に乗るのは結構好きですが、さすがに数時間の国際線フライトの後なので疲れています。そんな状況で無駄に沖縄を経由するかと思うと、嫌ではないですが、やれやれって感じです。搭乗口に行くと、異常に混んでいます!修学旅行生のようです。この子たちは、今から修学旅行で楽しそうだな~。それに引き替え私はなんなんだろう笑、などと思いながら搭乗しました。
フライト中はぐっすり眠り、那覇へ。前に来たのは3日前だったかな笑。こんな短期間に沖縄に2度来ることになるとは。いい経験ですね。
那覇では、待ち時間が3.5時間ほどあります。せっかくなので、沖縄料理を満喫しました。
f:id:tabimania:20170311233626j:plain

その後、もっと高頻度で沖縄に来ることになるとは思っていませんでした。
tabimania.hatenablog.jp


さてさて、やっと最後のフライトです。最後は優雅にクラスJのシートでぐっすり眠りセントレアに帰りました。

OKA-SINをやってみて

今回のフライトでめでたく50000FOPをクリアし、JMBサファイアをゲットしました。
行きは、ただただ楽しかったですが、帰りは疲れていることもあり、沖縄経由せずに帰宅したいななんて思ったりもしました。でも、今となってはいい思い出です(記憶は美化される?)。やってよかったとは思います。でも、何回もやるのは大変だな~。何回もやる人はすごいなと思います。でも2017年はSFCを目指そうかななんて考えてます。(2018/3/4追記:その後、2017年にSFCを獲得しました)

これにて、楽しかったシンガポール旅行も終わりです。


よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

関連記事
tabimania.hatenablog.jp
tabimania.hatenablog.jp
tabimania.hatenablog.jp
tabimania.hatenablog.jp
tabimania.hatenablog.jp

中部国際空港(セントレア)のゴールドカードラウンジ訪問記 ビールが飲める珍しいラウンジです!

(最終更新:2018/3/4)
今回はクレジットカード(ゴールドカード)で入場できるカードラウンジのお話です。
日本の主要な空港にはゴールドカードで入れるカードラウンジがあります。セントレア(中部国際空港)にもあるのですが、他の空港とは一線を画すので(大げさ!?)、ご紹介したいと思います。ちなみに私は名古屋圏在住ですので、このラウンジを常用しております。人生で初めて使ったラウンジがここだったので、他の空港のカードラウンジに行ったときにはビールないの!?って思っちゃいました笑。

f:id:tabimania:20170306010029j:plain

ラウンジ概要

正式名称はプレミアムラウンジセントレアといいます。営業時間は7:20~20:30で年中無休です。2017年3月28日にリニューアルオープンしました。こちらの記事の写真はリニューアル前の写真です。
リニューアル後はこちらの記事を参照ください。リニューアル前後でサービスは同じです。
tabimania.hatenablog.jp

また、すぐお隣には第2プレミアムラウンジセントレアというラウンジがあります。使えるカードの種類が違います。
こちらの記事を参照ください。
tabimania.hatenablog.jp

セントレアカードラウンジの場所

制限エリア外にあります。当日の航空券と対象のゴールドカードを持っていると入ることができます。ちなみに、目的地がセントレアの場合(到着時)にも利用することができます。
f:id:tabimania:20170306012457p:plain
(出典:中部国際空港HP)

他の空港のカードラウンジとの違い

なんといってもビールが飲み放題であることが、メリットです。他の空港のカードラウンジでは普通、ソフトドリンクは飲み放題ですが、アルコールは有料です。しかし、セントレアのカードラウンジでは、ビールが飲み放題なのです!私のようなビール党にはたまらない待遇です!普通、空港で生ビールを買うと4~500円くらいしますからね。すごくお得なラウンジだと私は思っています。おつまみも、柿ピーなどの小袋が自由に食べられます。(名古屋名物しるこサンドもあります)。私は、人生で初めて利用したラウンジがセントレアのカードラウンジだったので、ラウンジってビールが飲めるんだ!と思っていましたが、他の空港のラウンジではそうではなくアルコールが有料でがっかりした記憶があります。(国際線用のラウンジはアルコールが飲めます)

上手な利用方法

私の場合は、国内線でも国内線でも搭乗前には大体利用しています。セントレアは制限エリアの中に入ると、ほとんどお店がなく(特に国内線は売店が少しある程度)暇を持て余すので、なるべくこのラウンジで時間をつぶすようにします。保安検査場の混み具合を予測しながら利用します。セントレアの国内線側保安検査場は朝のラッシュ以外はそんなに混みませんので、昼や夜のフライトの場合はゆっくりラウンジを利用します。ちなみに、制限エリア内には、航空会社の上級会員用ラウンジがありますが、そんなに評価は高くありません。
レポートはこちら。
tabimania.hatenablog.jp

上級会員の方で、国際線の場合はビジネスクラスラウンジを利用できる場合はそちらを利用したほうがよいと思います。
JALサクララウンジのレポートはこちら。
tabimania.hatenablog.jp


私は、ビール党なので、フライトを終えた後にもセントレアラウンジをけっこう利用しています。自宅まで直通できる電車を待ちながら、少しの時間でもラウンジを利用してビールを1、2杯飲みます。これが、けっこう楽しみだったりします笑。貧乏性なので、ただビールと聞くと、ついつい飲みたくなってしまうんですよね~。到着時は、搭乗券(搭乗が証明できるもの)とゴールドカードの提示で利用可能です。到着時にも是非利用してみてください。

なお、ビールはセルフサービスでの提供です。自動注ぎマシーンを使って紙コップに注ぎます。
f:id:tabimania:20170306011841j:plain

利用時の注意点

前述したように、制限エリアの外にあるのでくれぐれも飛行機に乗り遅れのないように注意してください。それと、このラウンジはこじんまりとしたラウンジなので、時間帯によっては混みあうことがあります。でも1人や2人であればどこかしら席があると思います。

まとめ

セントレアに行く機会があればぜひ、ビールを飲みに行ってみてください笑

よろしければクリックしてください。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村